スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスに注意!!①

イタリアで生活していると、いろいろ考えれられない出来事に遭遇します。イタリア生活も大変です。
              
               CIMG1309.jpg


今日はバスの話をいくつかご紹介です。
定休日が月曜日のため、私は月曜日の早朝に山を下り、火曜日の早朝のバスで山に戻るのですが、、、朝家をでて、駅行きのバス停まで十五分。そこからバスにのり駅まで約3、4分。駅からガイオーレ行きのバスで四十分というコースです。

私は駅へ行くバスは毎回6時52分発のバスにのるのですが、もちろんそこが始発停留所。いつも五分前にはスタンバイするのですが、バスはたいがい遅れてきます。しかし、その日は私がバス停につくかつかないかのときに出発したんですよ。。五分前。。。次のバスは7時。駅からガイオーレ行きのバスは7時5分発なので、ぎりぎり間に合うかどうか。というわけで、駅まで早朝から走りました。。

というわけで、まにあったんですけど、こういうことはしょっちゅうです。前もガイオーレからシエナに行くバスがこないなあと思ったら十五分も前にでてたとか。。(私は十分前にはついてたんですが)その場にいた他の運転手さんに文句いうと、あー間違えたんだよ、出発の時間ってそれだけ。。

ガイオーレからのバスって一日数本しかないんですよ。。次のバスまで三時間まち。。。遅いのもはらがたつけど、始発停留所で十五分早く間違ってでるなんて。。。

私の友達は、バスの切符をかおうと、FIRENZEのパスの発着所でちゃんとお金払ってかったのに、使用済のしかも価格の安い違う切符のをうられて、のってから気づいたとか。。

ある日私がバスにのって友達の家にいくとき、一度しか来たことがなかったので、運転手さん一応○○の六番地でおりたいんですけど。。って伝えて。。でも自分で下りる場所が分かったので、そのままおりると、バスの運転手さんが手招き??不安になってのると、君の降りるとこはここでないよ。。六番地はまだ先だよって。。。で、私はいやここでいいですから。。っていうのに、僕は運転手だよ!!僕がいうのが正しいって
いわれて、そのまま拉致。

停留所についてここだよって。私が停留所を指差し十番地ってかいてありますけどっていったら、やっと自分の間違いに気づいたのだけど、彼はさっさとおりて、君にかまっていられないよっていって、おろされました。

決してバスの運転手さんでも、切符売り場のお兄さんでも信じてはいけないということです。
私はその後三十分の道のり歩いて戻りました。。

イタリアで生活しているとこういうことは、日常茶飯事です。。。随分なれましたが。。。

ランキングへ参加中。ちょっことクリックして頂けると嬉しいです
10007966615.gif a_02.gif

コメントの投稿

非公開コメント

そしてきっと自分の過ちを認めて謝らない…。
おそるべしヨーロッパ人。
ベルリンでも似たようなことは、うん、あります。

そういうことが日常茶飯事なのがイタリアですよね。
何かあると、”ここはイタリアだからしょうがない”ということで納得させています。
でもこのセリフ、イタリア人もつかうんですよね。
それでも改善されないのがやっぱりイタリアなんでしょうね。。。

makreleさんへ

本当謝らないですよ。。なんかかえって逆切れされたり。
あきらめモードなんですけどね。。日本の常識とイタリアの常識はちがいますからね。。でも毎日怒ってますが。

きらりさんへ

私もイタリアだから仕方ないと思うことにしています。。あきらめモードですね。。やっぱりって感じですか。。ありえないことが毎日なので、なれましたよー
☆ようこそ☆
Welcome to my blog. %Please enjoy.
プロフィール

るな

Author:るな
イタリアのワイナリー、数店舗のレストランで、パテシエ、コック、ホールで10年間働き日本に帰国しました。
只今日本のイタリアンで調理&デザートを作ってます。
映画、ドラマ、深夜番組が好き。
競馬、洋裁も好きです。

FC2カウンター
ブログランキング
一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ 人気ブログランキングへ
お知らせ
*管理人が不適切だと判断したコメント・TBは、予告なく削除することがあります。
最近の記事+コメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
cotta
お菓子、パン作りの強い味方!かわいいラッピング用品、食材のお店です

cotta プレミアムメンバー

ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

お問い合わせ
お菓子のお問い合わせ、お菓子、イタリア料理の出張講師をお問い合わせの方はこちらからご連絡をお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
金魚
検索フォーム
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。