スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんだできごと

忘れてましたが日本って3連休だったんですね。私の周りでも週末海に行ってた人も多く、いよいよ、バカンスムードが本格的。

周りはそんな気分なんだけど、私は昨日はそれどころではありませんでした。

                shinkyo.jpg

イタリアでよくあることといえばよくあることなんですけど・・・
イタリアの家ってオートロック?の家が多く、外にでてドアを閉めると、鍵がないと外からはあきません。鍵を家の中に忘れて外に出て、中に入れなくなったという話を友人からも何回も聞いてまして・・・。私も絶対そういうことをする自信があったので、つねにコピーの鍵はお店において置くとか、友人に預けておくことにしていました。

幸い3月まで4年間住んでた家はオートロックでなく外から自分で鍵を閉めないと閉まらないタイプだったので、私にしては今までまだ鍵を中に入れたまま出かけるということがありませんでした。

でも昨日とうとうその事件はおこってしまいました。けど、今回はちょっと事情が違うんです。夕方家に帰って鍵をさして、あけようとするけどあかない・・・。あれ??なんで??

よく考えると、家の中から予備の鍵をさしこんだままドアを閉めてでかけたため、外からは鍵があかなくなってしまいました・・・。

消防署に電話して、事情を説明すると、120ユーロと大家さんとの契約書がいるということ。大家さんからまだ契約書はもらってなくて、そういうと大家さんに連絡して、大家さんから電話してもらってくださいとのこと・・・。前から書いている通り、大家さんと今険悪ムード&音信不通となってるのに、そんな電話恐ろしくてかけれないし・・・。これは最終手段ということで・・・。

下の階の家2階にいって(うちの家は日本式で3階)事情を説明して1階からはしごを使って3階にあがろうとしても1階からは入れない場所なんで、2階の人のお宅からはしごをおろして、それから3階にあがるというちょっとややこしい立地。はしごも3mほどしかなく3階までは届かず。

で、知り合いの鍵屋さんに連絡して、鍵を壊してはいるという計画もたてたけど、19時まで開いているはずのお店が19時15分前ですでに閉店。

結局、夜中11時過ぎにお店の知り合いの電気屋さんに5mの長いはしごを持ってきてもらって、下の階からはしごを入れて、12時過ぎにやっと家にはいることができたのでした。下の階の人は老夫婦で、こんな時間でも嫌な顔をせず、協力してくれて、家にいれてくれて本当頭が下がる思いでした。今日はなにかお詫びの品を買って改めて挨拶にいくつもりです。

友人が鍵がなくて困った話はよくきくのですが、本当今回は自分だけでなく色んな人に迷惑かけてしまったので反省しています。家では本当のろわれてるのかと思ったり。夜中にあんなに騒がせてご近所のかたすみません。

家には上の写真の窓からはいりました。これからはこんなことがないように絶対気をつけないとと身をもって痛感しました。

↓3つのランキングに参加中。それぞれをクリックして頂けると嬉しいです!
10007966615.gif a_02.gif にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : イタリア生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

>消防署に電話して、事情を説明すると、120ユーロと大家さんとの契約>書がいるということ

あぁぁぁ・・・・大変。多分、お疲れもたまっているんでしょうに・・大家とうまくいっていない状態で、これは拷問に近いですね。しんどかったでしょう?解決策が見つかるまで・・。
契約書って・・!ネロで貸してる家も多いのに、そういう家はどうするのよ!って感じですね。
前はこんなことなかったのに・・私も一度ミラノで同じことやってしまいましたけど・・契約書なんていらなかったし、すぐに来てくれて・・こういう事は良くあるんだけど、今度からはね。近所の人とか勤め先に予備のかぎ置いといてね。と言われて、疲れきった顔をしている私を慰めてくれましたが・・・・。しかも120ユーロ。私の時は、結婚する前で8年くらい前ですが、50、000リラでしたよ。今だと25ユーロ。すごい値上がり!

下の階の方が、良い方で本当に良かったです。人事ながら、ホッとしました。
気を落とさないで頑張って下さいね。。

ihoko さんへ

いつもお返事遅くなってすみません。ihokoさんのおっしゃられる通りよりによってこんなときに・・・でした。大家さんに連絡せず解決する方法を必死に考えました。それこそ今こんなことがしれたら、どうなるかわかりませんから・・・。

家なんて、本当闇貸しが多いのにどうすればって思います。オートロックも考え物ですね・・・。120ユーロという金額を聞いてちょっとびっくりしましたが、そういう問題が多いから、見せしめかなあ。お店のオーナーはそれで稼いでいるのよっていってましたが・・・。

下のお部屋の方には大変な迷惑をかけてしまって、次の日お詫びにお伺いしました。

ihokoさんのときって25ユーロ位だったなんて。本当すごい値上がりですよね
☆ようこそ☆
Welcome to my blog. %Please enjoy.
プロフィール

るな

Author:るな
イタリアのワイナリー、数店舗のレストランで、パテシエ、コック、ホールで10年間働き日本に帰国しました。
只今日本のイタリアンで調理&デザートを作ってます。
映画、ドラマ、深夜番組が好き。
競馬、洋裁も好きです。

FC2カウンター
ブログランキング
一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ 人気ブログランキングへ
お知らせ
*管理人が不適切だと判断したコメント・TBは、予告なく削除することがあります。
最近の記事+コメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
cotta
お菓子、パン作りの強い味方!かわいいラッピング用品、食材のお店です

cotta プレミアムメンバー

ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

お問い合わせ
お菓子のお問い合わせ、お菓子、イタリア料理の出張講師をお問い合わせの方はこちらからご連絡をお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
金魚
検索フォーム
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。