スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手書きのお皿

この町でよくみかける手書きの陶器のお店。店の前に描かれたものが並べられています。


             tegaki.jpg

お店によって特徴がありますが、どのお店も色使いははっきり。黄色、赤、青、緑など。遠くからでも目をひきます。花や果物、パリオの時の地区のシンボルのデザインなど・・・。
↓まさしくパリオの地区のデザインがされたお皿。上があひる、下が芋虫地区です。
               
                tegaki1.jpg

いろんなデザイン。お店によってはお店の中でデモをしています。

tegaki4.jpgtegaki3.jpg

お皿以外でも、コップや小物入れ、いろんな物が売られています。観光客の人もたくさん買っていってます。

tegaki5.jpgtegaki2.jpg

3月の始めまで住んでいた家の向かい(建物の中の廊下をはさんで真向かい)が手書きのお皿の工房でした。大家さんが同じで一度中に入ったことがあるのですが、大型のオーブンがあって廊下には絵付け前の素焼きのお皿やコップがおいてありました。すごいのは、大きな箱を宅配の人がとりにくるのですが、すべてアメリカやカナダ行きの輸出用でした。こんな小さな工房でも世界にむけて仕事してるんだなあって思いました。

↓3つのランキングに参加中。それぞれをクリックして頂けると嬉しいです!
10007966615.gif a_02.gif にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : イタリア生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!

アメリカやカナダむけに輸出と聞いてビックリしました。もっと大規模工場で作られたものを使ってそうなイメージだったので。
アメリカやカナダもこういう手作り感って言うか、人の手のぬくもりのあるものが好まれるってことなんでしょうね。
青と黄色の色使いが独特だなぁ~って思います。

がっちゃんさんへ

こんにちは。オーストラリア行きの箱もみるのですが、圧倒的に多いのがアメリカとカナダ。イタリアから陶器を送って果たして無事届くかってちょっと心配ですけどね。。。

手書きのお皿は家内工業っぽいですね。売り子兼職人って感じで、お客の応対のないときは描いています。でも色もきれいで、とってもぬくもりを感じますよね。
☆ようこそ☆
Welcome to my blog. %Please enjoy.
プロフィール

るな

Author:るな
イタリアのワイナリー、数店舗のレストランで、パテシエ、コック、ホールで10年間働き日本に帰国しました。
只今日本のイタリアンで調理&デザートを作ってます。
映画、ドラマ、深夜番組が好き。
競馬、洋裁も好きです。

FC2カウンター
ブログランキング
一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ 人気ブログランキングへ
お知らせ
*管理人が不適切だと判断したコメント・TBは、予告なく削除することがあります。
最近の記事+コメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
cotta
お菓子、パン作りの強い味方!かわいいラッピング用品、食材のお店です

cotta プレミアムメンバー

ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

お問い合わせ
お菓子のお問い合わせ、お菓子、イタリア料理の出張講師をお問い合わせの方はこちらからご連絡をお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
金魚
検索フォーム
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。