スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cantucci

イタリアからのお土産やイタリアレストランにいってよく見るこのお菓子。日本ではBISCOTTI(ビスコッティ)とよばれてますが、この呼び方は本来クッキー系全般を指します。地域によって呼び方はかわりますが、私の住んでいる辺りではCANTUCCI(カントゥッチ)と呼ばれています。

               CIMG2223.jpg

作り方もご紹介します。簡単なので一度お試し下さいね♪
材料 天板2枚分

砂糖 250g
全卵 2個
卵黄 2個
中力粉(なけれ薄力粉で)400g
バニラ 少々
ベーキングパウダー 5g
チョコ 50g(もしくはアーモンドホール120g)

チョコは細かく刻んでおきます。

ベーキングパウダーと粉はあわせてふるっておきます。

卵と砂糖、バニラを合わせ砂糖がとけるまで混ぜます。

粉類とチョコを合わせて手でこねます。

6等分にします。

一つ一つを天板の大きさに細長くのばします。

上に照り卵を塗ります。

175℃のオーブンで約25分焼きます。熱いうちに包丁で1.5cmから2cmの太さに切っていきます。

できあがりです。

☆一応お店で作る量よりへらしてありますがこれでも多いという方はこれの半分量で作ったり、2段、もしくは2回にわけて焼いて下さい。

☆チョコをアーモンドにかえると定番のcantucciができます。アーモンドをくるみや他のナッツにしてもおいしくできます。

☆保存がきくお菓子です。コーヒーと一緒に、イタリアでサービスされるように甘いお酒につけて食べて下さいね。白ワインにつけながら食べる人も結構いますよ。

☆イタリアではベーキングパウダーもバニラも小袋の物を使っています。イタリアで作られる方はこの分量でどちらも一袋です。

イタリアのスーパーやお土産物屋さんでもこのお菓子はよくみかけます。買って帰った友人達の話によると、定番のよりもチョコのcantucciがすごくおいしかったそうです。チョコのcantucciを見つけたらぜひお土産にどうぞ。お菓子屋さんでは、自家製で作っている所もたくさんあります。

冷めてから、食べるお菓子なのですが、作りたてはまた違った食感が楽しめて私は作りたての温かいほうがおいしいと思います。手作りでできたての味をお楽しみ下さいね。

ランキングへ参加中。ちょっことクリックして頂けると嬉しいです
10007966615.gif a_02.gif にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 
 

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビスコッティ作り。

コーヒーのお供にチョコやチョコクッキーを食べるのが大好きです。週末の朝もいつものようにコーヒーを入れて、初めて買ったチョコクッキーの袋を開けて一口食べました。そして、一口食べた瞬間、“く、臭い!?&rdquo

コメントの投稿

非公開コメント

ビスコッティとカントゥッチ

ビスコッティは、bis(再び)+cotto(焼く)で二度焼きして水分を飛ばすからそうよばれると聞きましたが、カントゥッチは焼きは1回でいいんですか?
私は歯の折れそうな硬いビスコッティをカップチーノに浸していただくのが大好きです。ヴィンサントとの組み合わせも有名ですが、冷たい飲み物だと柔らかくならなくて・・・
ただ、二度焼きするのは保存のためだといいますから、別に必要ないのかもしれませんね。また情報楽しみにしています。

日伊文化交流協会さんへ

こんにちは。前のお店のローマ風は2度焼きしてました。トスカーナでもお店によっては2度焼きしているところもあります。今のお店は一回しか焼きませんがこれでも結構日がたつと固くなります。今のお店のシェフは2度やきしてかちかちに固くなるのを嫌うようです。好みだと思いますが。名前のように2度焼きするのが本当のところかもしれませんが、このカントゥッチは1回でも固くて保存も1ヶ月とかできるので、あえてそれ以上の手間を省いているのかもしれません。私的にも2度焼きすると切り口に焼き色がつき水分がとんでしまいあんまり好きではありません。前のお店のローマ風は2度やいてもさっくりしててよい感じでした。配合にも関係してるかもしれませんね。後これはチョコがかたまりで入っているので2度焼きするとチョコがこげてにがくなるということもあると思います。


こんにちは~。
るなさんのレシピから頂いてビスコッティを作りました。
簡単でおいしかったです。これはまた作ります!
前回のティラミスは生卵でやはりちょっとしり込みして見送ってしまいました・・・。
トラックバック送らせていただいたのですが、どうでしょう??

makreleさんへ

こんにちは。。とっても嬉しいです。作っていただいたんですね。。本当素朴なクッキーでしょ。イタリアの家庭の味って感じですよね。。やはり生卵は恐いですよね。わかります。。。私も躊躇することありますから。

トラックバックもちろんです。大歓迎です。。

トラックバック

見に来てくださってありがとうございます。
トラックバックできました!
☆ようこそ☆
Welcome to my blog. %Please enjoy.
プロフィール

るな

Author:るな
イタリアのワイナリー、数店舗のレストランで、パテシエ、コック、ホールで10年間働き日本に帰国しました。
只今日本のイタリアンで調理&デザートを作ってます。
映画、ドラマ、深夜番組が好き。
競馬、洋裁も好きです。

FC2カウンター
ブログランキング
一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ 人気ブログランキングへ
お知らせ
*管理人が不適切だと判断したコメント・TBは、予告なく削除することがあります。
最近の記事+コメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
cotta
お菓子、パン作りの強い味方!かわいいラッピング用品、食材のお店です

cotta プレミアムメンバー

ラッピング 用品とお菓子材料の店【Cotta*コッタ】

お問い合わせ
お菓子のお問い合わせ、お菓子、イタリア料理の出張講師をお問い合わせの方はこちらからご連絡をお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
金魚
検索フォーム
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。